音楽一般 · 2021/02/25
「絶対音感」の話題もついに(4)まで来てしまった。回りくどい文章の連続で、読んでいただいている方には申し訳ないが、今回で最終回にする予定なのでご容赦願いたい。…
音楽一般 · 2021/02/22
前回絶対音感に関して啓発されると感じる書籍をご紹介させていただいたが、今回(3)ではその方向性に立ちつつも、若干私独自の考え方を加えたものを記させていただく。教育現場とは全く無縁の人間として、何ら実証的な研究ではなく頭の中に浮かんだだけのアイデアなので、保証の限りでないことをお伝えしておかねばならない。...
音楽一般 · 2021/02/19
前回、絶対音感が誰にでも潜在する能力らしいという話をご紹介したが、ではそれがどのように形成され、どのように作用するのかという話につき、自分の考察を「その2」で記載することにしてすでに原稿を準備していた。…
音楽一般 · 2021/02/12
前回のブログで「絶対音感」(すなわち、ある高さの音を聴いて、その正確な高さが分かる能力)の話が出てきたので、これに関連して今まで他人に明かしたことのない私の悩みを書くことにする。…
名曲・名演 · 2021/02/08
昨日はご近所で開かれた多川響子さんのピアノ・コンサートに行ってきた。コロナ騒ぎでここしばらく実演を聴いていないので、久しぶりの演奏会だ。…
読書録 · 2021/02/05
<最近読んだ本> 「音楽好きな脳」 ダニエル・J・レヴィティン著 ヤマハミュージックエンターテインメントHD刊...
名曲・名演 · 2021/02/01
「名曲・名演」は当ブログの守備範囲外だが、たまには書かずにはおられないこともある。ヴァイオリニスト對島佳祐さんとピアノの松本望さんがさる1月16日に杉並公会堂で催された演奏会で演奏されたラヴェルの遺作のヴァイオリンソナタがあまりに美しく、…
読書録 · 2021/01/27
<最近読んだ本> 「現代音楽史-闘争し続ける芸術のゆくえ」沼野雄司著 中公新書...
読書録 · 2021/01/22
<最近読んだ本> 「脳を司る『脳』」 毛内拡著 講談社ブルーバックス...
音楽一般 · 2021/01/18
(1)で取り上げたネオテニーという現象だが、要は「複雑になった話の枝葉を切り捨て、単純明快にして逆にいろいろな状況に対応できるようにする」ということと考えれば、世の中いろいろな場面で現実に存在する話ではないだろうか。…

さらに表示する